バイオリン ビオラ チェロ 販売 マジコ


MAGICO CONCERT "Gold Special" with Glass Ice Sound Vol.2

Gold Specialコンサート


Gold Violin & Cello - Tango Cinema Night @ MUSICA


バイオリン 枝並千花 / チェロ 古川展生 / ピアノ 保坂修平


マエストロ Raffaello Di Biagio作 の ゴールド バイオリン&チェロ。それぞれマエストロにより世界で唯一演奏する事を許された 枝並千花 と 古川展生 が ジャズピアニスト兼作曲家の 保坂修平 と組んだ ゴールド スペシャルトリオ。

ピアソラなどのインストルメンタルタンゴとシネマ&ミュージカル音楽、そしてどこかノスタルジックで甘く切ない美し過ぎる旋律の保坂修平オリジナル曲をお届けします。クラシックの名手達が挑むシネマ&ミュージカル音楽!クラシックの垣根を越えたジャンルの演奏にもクラシックの上品さが潜む真似の出来ない演奏。
クラシックの名手はジャンルを問わす名手でありました・・・。

会場は Sala dei Virtuosi MUSICA、クラシックをこよなく愛する仲間達が集う西麻布の隠れ家、高級感漂う洗練された素敵なBAR 西麻布 MUSICAムジカ。
この日は情熱的なタンゴをライブ感たっぷりでお聴き頂きたく、グラスの中のカランカランという氷の不規則な音色も曲と同時に愉しみたいと思います。
名手達の息遣いが聞こえる限定25席での熱演を MUSICA の厳選された一杯&この贅沢な空間で氷の音色・グラスの音色と共にご堪能ください!


Program

ミュージカル エリザベートより 私だけに
ミュージカル映画 シェルブールの雨傘より シェルブールの雨傘
映画 道より ジェルソミーナ
保坂修平 白夜行
保坂修平 3つのヴォカリーズ    ほか


「 好きな音楽を 豪華なクラシックの名手達で聴く・・・
カジュアルクラシックだから氷の音も気にせずライブで聴きたい。 」


2016年 12月1日(木曜日)20:00 開演  西麻布 MUSICA click

終演後は打ち上げ:
コンサートの後に演奏家とスタッフで打ち上げをする事が多々あります、その打ち上げ会場としてこの MUSICA さんによくお世話になっています。今回はコンサートが MUSICA さんという事と限定25名と言う少人数の為、急遽 終演後にこのままこちらで打ち上げをさせて頂く事になりました。
演奏する3名も加わりこの日のコンサートの打ち上げを致しますのでお越し下さった皆様は終演後引き続き素敵な MUSICA でお酒やお飲み物をお楽しみ頂けます。打ち上げの雰囲気もぜひ御楽しみ下さい!!


ゴールドバイオリン


2016年 12月1日(木曜日)20:00 開演 (19:00 OPEN)
西麻布 MUSICA click
限定25席:6,000円 (1ドリンク付)
〒106-0031 東京都港区西麻布4丁目11−4

チケットのお問い合わせは
IL VIOLINO MAGICO - イル ヴィオリーノ マジコ
Freedial 0120-878797  info@magico.co.jp まで


主催:IL VIOLINO MAGICO / 協力:西麻布 MUSICA





Violinist 枝並 千花 枝並 千花   Violin

桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部卒業。
1998年第52回全日本学生音楽コンクール中学生の部全国第1位。 東儀賞、兎束賞、都築音楽賞受賞。 第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第3位入賞。
2003年第24回ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール優勝、及びソナタ賞受賞。ミラノにて受賞コンサート出演。同年、大友直人指揮、東京交響楽団と共演。クールシュヴェール音楽アカデミー(フランス)、ビアリッツ音楽アカデミー(フランス)に参加。これまでに奥村和雄、辰巳明子各氏に師事するほか、ザハール・ブロン、ジェラール・プーレ、レジス・パスキエ、ドン・スク・カン、シュロモ・ミンツ、竹澤恭子各氏に指導を受ける。
2006年東京交響楽団へ入団。退団後はソロ、室内楽など幅広い分野で活動するほか、日本フィルハーモニー交響楽団等にゲストコンマスとして招かれる。
2009年CHANEL銀座/シャネル・ネクサス・ホールにおける「Pygmalion Days」のアーティストとして一年間ソロコンサートを行い好評を博す。宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネに出演。
マ・レコーディングスよりデビューCD「夢のあとに」をリリース。2012年4月に開催されたリサイタルでは、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタをはじめとする意欲的な作品を取り上げ高い評価を得た。
同年6月、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタが日本初録音されたセカンド・アルバム「naked」をリリース。7月、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団と協演。


古川 展生 古川 展生   Cello

桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。
1996年安田クオリティオブライフ文化財団の奨学金を得て、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。1997年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。
1998年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任。2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。
ソリストとしても、国内多数のオーケストラ、著名指揮者と共演を重ねるほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を中心とした室内オーケストラ「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」、レニングラード国立歌劇場管弦楽団等と全国ツアーで共演、いずれも絶賛を浴びた。サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭にも毎年出演している。
また、クラシックのみならず、幅広いフィールドで目覚しい活動を続け、映画「おくりびと」のテーマ曲のソロ演奏を担当するなど、人気、実力ともに各方面より注目を集めている。これまでに6枚のソロアルバムと2枚のベストコレクション(クラシック/クロスオーバー)をリリース。
1995年に結成したストリング・クヮルテットARCOでは、大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位に入賞(邦人として最高位)。 2007年には、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とユニット「KOBUDO-古武道-」を結成。あらたな音楽の創造を目指した演奏・制作活動を展開している。
2014年にデビュー15周年を迎えるにあたり、3月19日にソロアルバム「GENTLE SOULS」(ソニー・ミュージックダイレクト)をリリース。また秋には「BACH無伴奏チェロ組曲2枚組アルバム」をリリース。


保坂恭平 保坂恭平  Piano

1978年生まれ。群馬県出身。東京藝術大学楽理科および大学院卒業。
クラシック・ピアノを峰岸沙織氏に、ジャズ・ピアノを吉田賢一氏に師事。

幼少よりクラシックを、大学在学中よりジャズを学び、現在プロ・ミュージシャンとしてライブ、舞台音楽、イベント、レストラン、ラウンジなどでの演奏のほか、作曲やアレンジを手がけている。 クラシック、ジャズ、ポピュラーの語法をバランスよく取り入れた幅広く柔軟な音楽性には定評があり、国内外の一流アーティストのサポートおよび、自己の活動を活発に行っている。
2004年には近藤正臣主演、島健が音楽監督をつとめた舞台「暗い日曜日」でピアノを担当。
2006年から2年間、錦糸町のオールディーズ・ライブハウス「サーティーエイト」のハウスバンドのキーボード奏者を務める。
2007年、シアター・プロダクツのファッションショーの音楽を担当。 ジョン・ブルの新作展示会のピアノ演奏。
2008年には、新国立劇場で上演された舞台「リンゴの木の下で~昭和21年のジャズ」(広井王子原案、小池竹見脚本、横山智佐、井之上隆志、中河内雅貴主演)の音楽監督および演奏。
また韓国の俳優で歌手のイ・ジフン、パク・ヘギョンの来日コンサート(世田谷区民ホール、なんばHatch)で音楽監督および演奏(歌手の下司愉宇起客演)。
他につのだ☆ひろバンドでの演奏、および、つのだ☆ひろが作曲したWOWWOWの格闘技番組「エキサイト・マッチ」のオープニング、エンディング曲のアレンジおよびキーボード演奏。
また2008年11月、乃木坂コレド・シアターで上演された芝居「世界の中心で朔太郎をさけぶ」の音楽監督として作曲と演奏を担当。
共演歴、つのだ☆ひろ、桑野信義、田代美代子、石井明美、森川由加里、麻倉未稀、横山智佐、小川範子、波多野睦美、イ・ジフン、パク・ヘギョン、平林龍、小松未可子ほか。


音楽で世界を一つに、平和な地球を


主催:IL VIOLINO MAGICO / 協力:西麻布 MUSICA

バイオリン チェロ ビオラ 販売 MAGICO