ヴェンゲーロフ&グリモー 協奏曲の夕べ | 共催 MAGICO マジコ
バイオリン ビオラ チェロ 販売 MAGICO

バイオリン専門店 MAGICO マジコ Top > 第4回 ヴェンゲーロフ フェスティバル > ヴェンゲーロフ&グリモー 協奏曲の夕べ


Maxim Vengerov - Helene Grimaud

マキシム・ヴェンゲーロフ - エレーヌ・グリモー

~ コンチェルト 協奏曲の夕べ 〜

日時: 2016年5月19日(木) 開場18時30 開演19時
会場: Bunkamura オーチャードホール

あの ”マキシム・ヴェンゲーロフ”があの ”エレーヌ・グリモー” と共演!!なんと、世界初なんです・・・
このコンサートは題して「協奏曲の夕べ」 オールコンチェルトプログラムで二人の魅力を存分にご堪能頂けます。

ヴェンゲーロフとグリモーの世界初共演がこの日本で実現、これは見逃せません!!
この日、グリモーは東京フィルハーモニー交響楽団をバックにバッハとラヴェルのピアノ協奏曲を優雅で
力強くかつ繊細に、ヴェンゲーロフは自作のカデンツァで弾き振りという刺激いっぱいのゴージャスな一夜です。

マキシム・ヴェンゲーロフ エレーヌ・グリモー

◆公演名 ヴェンゲーロフ&グリモー 協奏曲の夕べ
◆日時 2016年5月19日(木) 開場18時30 開演19時
◆会場 Bunkamura オーチャードホール
◆出演 マキシム・ヴェンゲーロフ(指揮、ヴァイオリン)、エレーヌ・グリモー(ピアノ)
 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

◆ Program プログラム

● ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 (自作カデンツァ/弾き振り) - M.Vengerov

● バッハ/ピアノ協奏曲 第1番 BWV1052 - H.Grimaud

● ラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調 作品83 - H.Grimaud



◆一般チケット
S席10,000円/A席6,000円/B席4,000円/C席3,000円(税込)
★プレミアム指定席15,000円
(FJフレンズ会員専用→5月23日夜・都内開催のヴェンゲーロフ公演チケットをプレゼント)

●FJふれんず会員専用チケット
FJふれんず会員 登録後にお申込み下さい → 会員登録 Click!!
★プレミアム指定席 15,000円 / S券 9,000円 (10,000円より10%割引) / 他券種(割引なし)

◆プレイガイド 2月17日(水)発売開始
Bunkamura 03-3477-9999 / 東京文化会館 03-5685-0650 / ローソン 0570-000-407 (Lコード30036)
チケットぴあ 050-02-9999 (Pコード287-854) / イープラス eplus.jp


◆主催   Flagship Japan
◆共催   MAGICO ヴェンゲーロフ IL VIOLINO MAGICO (イル ヴィオリーノ マジコ)
◆問合   MAGICO ヴェンゲーロフ IL VIOLINO MAGICO 0120-878797 / フラッグシップ・ジャパン 050-3633-6951



ヴェンゲーロフ MAGICO マジコ Vengerov

ヴェンゲーロフ MAGICO マジコ Vengerov

Vengerov Violin
Maxim Vengerov - マキシム ヴェンゲーロフ

1974年生まれのマキシム・ヴェンゲーロフは、現在世界一の実力を持つヴァイオリニストと呼ばれている。5歳で初めてのリサイタルを開いた彼は、10歳でヴィエニャフスキ国際コンクール・ジュニア部門で優勝。1990年にはカール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝の栄冠に輝き、これを機に世界各地で演奏。1997年には、UNICEFの親善大使に選ばれて以来、世界の恵まれない子供たちのために演奏を続けている。
2003年故ロストロポーヴィチとロンドン交響楽団とともに収録した『ウォルトン:ヴィオラ協奏曲』で、2004年のグラミー賞ベスト・インストゥルメンタル・ソロ・パフォーマンスを受賞。
2004年10月には、4年ぶりの来日コンサートを行い、更なる卓越した演奏を披露した。又、2005年は、公式的にはサヴァティカル(長期休養)としつつも、ザルツブルグなど、ヨーロッパでは公演を行っていた。
その合間に実現したのが“最も充実した、夢の共演―ヴェンゲーロフ×ロストロポーヴィチのエネルギッシュかつロマンティックなベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲”の録音である。
2006年には、UBSヴェルビエ・フェスティバル室内管弦楽団と定期的に行っていた、世界ツアーとリサイタル・ツアーを再開した。
2007年3月にはモーツアルト ヴァイオリン協奏曲を収録したアルバムをリリースした。彼は、このアルバムの中でヴァイオリンを弾きながらUBSヴェルビエ・フェスティバル室内管弦楽団を指揮。 現在はザールランド音楽大学でヴァイオリンの教授を務めながら、世界中で活躍している。


Vengerov Violin
Helene Grimaud - エレーヌ グリモー

エレーヌ・グリモーはフランスのエクサン・プロウァンスに生まれ、地元の音楽学校で音楽の手ほどきを受けた後、マルセイユでピエール・バルビゼに師事した。
13歳の時、パリ音楽院に全員一致の推薦で入学を許可され、1985年ジャック・ルヴィエのクラスで一等賞を獲得、さらにジョルジ・サンダーとレオン・フライシャーのもとで研鑽を積む。1987年は、カンヌ国際音楽祭、ラ・ロク・ダンテロン・ピアノ・フェスティヴァルヘの出演、東京での初リサイタル、ダニエル・バレンボイムの招きを受けてパリ管への出演と、グリモーのキャリアにとって一大転機となった。その後、世界各地のメジャー・オーケストラと、また多くのマエストロと定期的に共演を重ねている。
レコーディング・デビューは15歳の時、デンオンに『ラフマニノフ作品集』を録音。続いて3枚のCDにショパン、リスト、シューマン、ブラームスの作品と、ロペス=コボス指揮ロイヤル・フィルと『ラヴウェル:ピアノ協奏曲』『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』を録音した。エラートには、『シューマン:ピアノ協奏曲/R.シュトラウス:ブルレスケ』(ジンマン指揮ベルリン・ドイツ響)、『ブラームス:ピアノ小品集』、『ラヴェル:ピアノ協奏曲/ガーシュウィン:協奏曲』(ジンマン指揮ボルティモア響)、『ブラームス:ピアノ協奏曲第1番』(クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン・シュターツカペレ管。1999年クラシカル賞受賞)を録音。さらに、テルデックからは、『ベートーヴェンけピアノ協奏曲第4番/ピアノ・ソナタ作品109、110』(マズア指揮ニューヨーク・フィル)、アシュケナージ指揮フィルハーモニア管と共演した『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/練習曲《音の絵》ほか』がリリースされている。そして2002年、グリモーはドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ。


◆主催   Flagship Japan
◆共催   MAGICO ヴェンゲーロフ IL VIOLINO MAGICO (イル ヴィオリーノ マジコ)
◆問合   MAGICO ヴェンゲーロフ IL VIOLINO MAGICO 0120-878797 / フラッグシップ・ジャパン 050-3633-6951



◆一般チケット
S席10,000円/A席6,000円/B席4,000円/C席3,000円(税込)
★プレミアム指定席15,000円
(FJフレンズ会員専用→5月23日夜・都内開催のヴェンゲーロフ公演チケットをプレゼント)

●FJふれんず会員専用チケット
FJふれんず会員 登録後にお申込み下さい → 会員登録 Click!!
★プレミアム指定席 15,000円 / S券 9,000円 (10,000円より10%割引) / 他券種(割引なし)

◆プレイガイド 2月17日(水)発売開始
Bunkamura 03-3477-9999 / 東京文化会館 03-5685-0650 / ローソン 0570-000-407 (Lコード30036)
チケットぴあ 050-02-9999 (Pコード287-854) / イープラス eplus.jp



お問い合わせ: 0120-878797 ( マジコ コール )


151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-3-16-1F  Tel 03-5368-1250 / Fax 03-5368-1251
Magico Call 0120-878797 / e-mail:info@magico.co.jp / www.magico.co.jp 
古物商許可証 東京都公安委員会 許可第303320405258号 | "通信販売法に基づく表示


バイオリン チェロ ビオラ 販売 MAGICO