バイオリンの絃もこだわる事ができる専門店

イタリアバイオリン専門店 - MAGICO マジコ
MAGICO マジコへようこそ!
スタッフ
究極の毛替
バイオリン人気・実力ランキング
ネットショップ

インフォメーションナビ
10年分割ローン
バイオリンのエステ
セールページ
楽器の選び方をご説明
マジコバイオリン工房:アトリエマジコ
MAGICO マジコ 音楽教室
バイオリン在庫リスト ビオラ在庫リスト チェロ在庫リスト チェロ在庫リスト
MAGICO FACEBOOK MAGICO マジコ
Facebook ページ
Google+ MAGICO MAGICO マジコ
Google+ ページ
Pinterest MAGICO Google+
最長120回(10年:業界最長)の楽器ローン、マジコの全てのお支払いにご利用いただけます。マジコのお買い物にはぜひ、分割ローンをご利用ください!!
マジコ千葉支店
マジコ中国北京支店

チューニング時の弦

バイオリンを弾いてさらっと調弦するのが基本ですが、よっぽど耳に自信のある人以外は難しいのがチューニングです。耳の訓練にもなりますし、慣れるまではチューナーを使いましょう。 バイオリンは基本的に2番目に高い音のA線からチューニングを行います。 音が低い場合は糸巻きを締めればいいのですが、音が高い場合はただ緩めるだけではなく、正しい音よりもちょっと低めまで一度緩めてから締めるようにしましょう。その方が簡単に行えます。 締めるときは一気に勢いよく締めないようにしましょう。弦が切れる恐れがありますので気を付けてください。

初心者におすすめ

バイオリンを始めたばかりの人も、ある程度音を出せるようになると弦による音の違いが気がついてくるでしょう。 ですが、いざ買おうと思ってもたくさんありすぎてどれを選べばいいかわからないと思います。 弦にはメーカーの違いもありますが、材質としてはナイロンとガットの2種類があります。 始めたばかりの人にはナイロンの安いものをおすすめします。 そもそも消耗品ですし安価なものでもありません。楽器との相性もありますので、よほど高いバイオリンを使っているのではない限り、音が狂いやすいガットよりも安いナイロンを選んで、たくさん練習しましょう。

バイオリンの絃の種類

バイオリンの弦にはナイロンとガットの2種類があります。合成繊維のナイロンは低価格で長持ちし、強い音が出るのが特徴です。それに対して羊の腸のガットは高価で寿命が短く、柔らかい音が出るのが特徴です。

弦の種類

バイオリンの弦にはナイロンとガットの2種類があります。合成繊維のナイロンは低価格で長持ちし、強い音が出るのが特徴です。それに対して羊の腸のガットは高価で寿命が短く、柔らかい音が出るのが特徴です。初心者の方はコストパフォーマンスに優れたナイロンを選んだ方が良いでしょう。購入される場合にはG線・D線・A線・E線の4本を選んで下さい。E線を購入される際に気を付けることは、ボールエンドとループエンドの違いです。挟むのがボールエンドで、引っかけるのがループエンドです。私達MAGICOバイオリン工房は、万全の体制で皆様のバイオリン選びをサポートさせて頂きます。

材質を比較する

バイオリンの弦の材質には、ナイロンやガット、スチールなどがあります。ナイロンは合成繊維で出来ており、強くて長持ちします。羊の腸から繊維を取り出しより合わせて出来ているガット製は細くて柔らかく、寿命が短いのが特徴です。ナイロン製は安価で音が出やすいので、バイオリン初心者におすすめです。ガット製は比較的高価ですが、繊細な柔らかい音が出ます。スチール製は金属で出来ておりクリアな音を好む人に選ばれ、耐久性に優れているので子供用に多く使われます。バイオリンは演奏者の技術だけでなく、弦によって音色が変わります。

    


バイオリンマジコのサイトマップ バイオリンマジコのサイトマップ バイオリンマジコのサイトマップGoogle グーグルジャパン