バイオリン ビオラ チェロ 販売 マジコ


MAGICO CONCERT "del Maestro" Vol.7 in Kagoshima

第7回マジココンサート


第7回 マジコ コンサート "デル マエストロ" in 鹿児島


Vn 枝並千花 / Vc 古川展生 / Vc 有村航平 / Pf 須藤千晴


あの Sitiera ホールを軽々と鳴らし切り、鹿児島を揺さぶる。
記憶に残る、ヴィルトゥオーゾ達による最高峰の演奏、
名実ともに秀でたスターだけが集う、今宵限りの贅沢で優雅な夜会...


ソリストとして、首席として内外で活躍する彼らが魅せる贅沢で緻密な最高峰のアンサンブル。
4名の演奏家達が交互にバラエティー豊かな名曲プログラムをお届けします。

バイオリン・チェロ・ピアノを十分過ぎる程に堪能するあっという間の2時間
第7回目は ”Sitieraホール” のご協力を得て、鹿児島で開催します
今回の 「MAGICOコンサート」 は 初の九州公演。
鹿児島のみなさま、今宵限りの贅沢で優雅な夜会へぜひお越しください!!



2014年 5月19日(月曜日)19:00 開演 (18:30 開場)
鹿児島 Sitieraホール click
4,000円(全席自由:1ドリンク付)

チケットのお問い合わせは
Sitiera - シティエラ - 099-248-9144 または
IL VIOLINO MAGICO - イル ヴィオリーノ マジコ
Freedial 0120-878797  info@magico.co.jp まで
*当日お受け取りのご予約・ご郵送でのお求めも受け付けております。



第7回マジココンサート 枝並千花 古川展生 須藤千晴 有村航平

第7回マジココンサート 枝並千花 古川展生 須藤千晴 有村航平


プログラム

エルガー 愛のあいさつ (Vn:枝並千花 Vc:古川展生 Pf:須藤千晴)
マスネ タイスの瞑想曲 (Vn:枝並千花)
モンティ チャルダッシュ (Vn:枝並千花)
バッハ 無伴奏チェロ組曲より (Vc:古川展生)
ヘンデル 2台のチェロのためのソナタ (Vc:古川展生 Vc:有村航平)
ヘンデル
ハルヴォルセン
パッサカリア (Vn:枝並千花 Vc:有村航平)
シューマン
リスト
愛の歌「献呈」 (Pf:須藤千晴)
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番 (Vn:枝並千花 Vc:古川展生 Pf:須藤千晴)


2014年 5月19日(月曜日)19:00 開演 (18:30 開場)
鹿児島 Sitieraホール click
4,000円(全席自由:1ドリンク付)

チケットのお問い合わせは
Sitiera - シティエラ - 099-248-9144 または
IL VIOLINO MAGICO - イル ヴィオリーノ マジコ
Freedial 0120-878797  info@magico.co.jp まで
*当日お受け取りのご予約・ご郵送でのお求めも受け付けております。



Violinist 枝並 千花 枝並 千花   Violin

桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部卒業。
1998年第52回全日本学生音楽コンクール中学生の部全国第1位。 東儀賞、兎束賞、都築音楽賞受賞。 第10回日本モーツァルト音楽コンクールヴァイオリン部門第3位入賞。
2003年第24回ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール優勝、及びソナタ賞受賞。ミラノにて受賞コンサート出演。
同年、大友直人指揮、東京交響楽団と共演。クールシュヴェール音楽アカデミー(フランス)、ビアリッツ音楽アカデミー(フランス)に参加。これまでに奥村和雄、辰巳明子各氏に師事するほか、ザハール・ブロン、ジェラール・プーレ、レジス・パスキエ、ドン・スク・カン、シュロモ・ミンツ、竹澤恭子各氏に指導を受ける。
2006年4月東京交響楽団へ入団。退団後はソロ、室内楽など幅広い分野で活動するほか、日本フィルハーモニー交響楽団等にゲストコンサートマスターとして招かれる。
2009年CHANEL銀座/シャネル・ネクサス・ホールにおける「Pygmalion Days」のアーティストとして一年間ソロコンサートを行い好評を博す。宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネに出演。
マ・レコーディングスよりデビューCD「夢のあとに」をリリース。2012年4月に開催されたリサイタルでは、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタをはじめとする意欲的な作品を取り上げ高い評価を得た。
同年6月、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタが日本初録音されたセカンド・アルバム「naked」をリリース。7月、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団と協演。
9月より、桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室非常勤講師。
枝並 千花 オフィシャルウェブサイト


古川 展生 古川 展生   Cello

桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。
1996年安田クオリティオブライフ文化財団の奨学金を得て、ハンガリー国立リスト音楽院に留学、チャバ・オンツァイ教授に師事。1997年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。
1998年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任。2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。
ソリストとしても、国内多数のオーケストラ、著名指揮者と共演を重ねるほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を中心とした室内オーケストラ「トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーン」、レニングラード国立歌劇場管弦楽団等と全国ツアーで共演、いずれも絶賛を浴びた。サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭にも毎年出演している。
また、クラシックのみならず、形態にとらわれない幅広いフィールドで目覚しい活動を続け、映画「おくりびと」のテーマ曲のソロ演奏を担当するなど、人気、実力ともに各方面より注目を集めている。これまでに6枚のソロアルバムと2枚のベストコレクション(クラシック/クロスオーバー)をリリース。
1995年に結成したストリング・クヮルテットARCOでは、1999年大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第3位に入賞(邦人として最高位)。 また2007年には、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とユニット「KOBUDO−古武道−」を結成。あらたな音楽の創造を目指した演奏・制作活動を展開している。
2014年にデビュー15周年を迎えるにあたり、3月19日にソロアルバム「GENTLE SOULS」(ソニー・ミュージックダイレクト)をリリース。また秋には「BACH無伴奏チェロ組曲2枚組アルバム」をリリース。
古川 展生 オフィシャルウェブサイト


有村 航平 有村 航平  Cello

鹿児島市出身。チェリストとして室内楽・オーケストラなど様々な演奏会への出 演や、後進の育成にあたる傍ら、鹿児島を拠点に発信する音 楽活動の確立及び鹿児島の音楽文化向上を目的とし、2005 年有限会社creative sound design Sitiera を設立、新たな音楽シーンのプロデュー スを行う。
2012 年10 月には、かごしま県民交流センターにてソロリサイタルを 開催。 鹿児島市芸術文化協会理事。平成20 年度かぎん文化財団賞受賞。第37 回鹿児島 市春の新人賞受賞。鹿児島国際大学非常勤講師。 Sitiera - シティエラ オフィシャルウェブサイト


有村氏の活躍は鹿児島に凄腕の若手チェリストがいるとういう事でお会いする前から存じ上げていました。 東京の店舗にお越しになられた時からの付き合いですが、あれから数年経ちそろそろ若手から中堅へ移行し、さらに成熟する演奏家としてとても良い時 期に入って来る頃だと思います。
私の故郷でもある鹿児島のクラシック音楽文化の中で大きな役割を果たしてくれている彼に心より感謝すると同時に今後のさらなる活躍を期待しております。
日本を代表するチェリスト古川氏との共演、見逃せない一夜となりそうです・・・
IL VIOLINO MAGICO - 代表取締役 山下智之


須藤 千晴 須藤 千晴  Piano

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。 ドイツ政府給費留学生としてDAADの奨学金を得てドイツ国立ベルリン音楽大学に留学、ミヒャエル・エンドレスのもとで研積を積み、最高点を得て卒業、ディプロマを取得。
01年、東京藝術大学在学中に伊達純メモリアル基金より「アリアドネ・ムジカ賞」と奨学金を授与され、奏楽堂モーニングコンサートにて小林研一郎指揮芸大フィルハーモニアと協演。 第4回ジーナバックアウワー国際ピアノコンペティション(アメリカ)入賞。
2000年以降3年間に渡りクールシュベール夏期国際音楽アカデミー(フランス)にてパスカル・ドヴァイヨン氏のマスタークラスを受講し毎年ファイナルコンサートに出演。第4回ザイラー国際ピアノコンクール(ドイツ)入賞。 第3回ベルリンピアノコンクール(ドイツ)入賞。ASTI国際音楽コンクール(イタリア)第2位。 ドイツ、ライプツィヒにおいてリサイタル、ベルリンにおいて「フランス音楽の夕べ」、「20世紀ソナタシリーズ」に出演するなど、ソロ、そして室内楽に国内外で積極的な演奏活動を展開している。
07年にはCHANEL銀座/シャネル・ネクサス・ホールにおける「Pygmalion Days」のアーティストとして1年間定期的にソロコンサートを行い注目を集めた。
08年、紀尾井ホールにてリサイタルを行い、「音楽の友」において「自らの個性と傑出した調性感をもって見事な叙情性を創出した意欲的な演奏」などと評された。 09年、デリック・イノウエ指揮、群馬交響楽団定期演奏会においてストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」を協演。 これまでに三巻道子、佐野幸枝、黒田亜樹、北島公彦、浜口奈々、ミヒャエル・エンドレスの各氏に師事。ビクターエンタテインメントよりデビューCD「Preludes」をリリースしている。 金子鈴太郎氏(チェロ)とのデュオCDをオクタヴィア・レコードよりリリース予定。
須藤 千晴 オフィシャルウェブサイト


音楽で世界を一つに、平和な地球を



バイオリン チェロ ビオラ 販売 MAGICO