マジココンサート デル マエストロ Vol.10

バイオリン ビオラ チェロ 販売 マジコ


MAGICO CONCERT "del Maestro" Vol.10

第9回マジココンサート


第10回 マジコ コンサート "デル マエストロ"

”旧友” を迎える懐かしき仲間達・・・


チェロ 陳 建安 (Chien-an Chen)
バイオリン & ヴィオラ 豊嶋泰嗣 / チェロ 川上徹
バイオリン 枝並千花 / バイオリン 木嶋真優 / ヴィオラ 井上典子 / ピアノ 三輪郁

記念すべき第10回 MAGICOコンサート、今回は台湾のチェリスト陳建安氏を彼が学生時代桐朋学園で共に学んだバイオリニスト豊嶋泰嗣、チェリスト川上徹の両氏が迎えます。
これらの懐かしき旧友に加え同じく桐朋学園で学んだ次世代の才能溢れる後輩達が集結し世代を超えた最高のアンサンブルを銀座王子ホールに響かせます。


Program

シューマン 幻想小曲集 作品73
メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 作品49
ブラームス 弦楽六重奏曲第2番 ト長調 作品36


「 台湾のチェロの重鎮 陳安建を迎える この豪華メンバー・・・
日本と台湾の頂上はアジア、いや世界の頂上でもあります。 」




2017年 5月29日(月曜日)19:00 開演 (18:30 開場)
銀座王子ホール click
全席自由:税込 前売:6,000円

チケットのお問い合わせは
IL VIOLINO MAGICO - イル ヴィオリーノ マジコ
Freedial 0120-878797  info@magico.co.jp まで


● チケットぴあ 0570-02-9999 http://pia.jp/t [ Pコード:329901 ]
● 王子ホールチケットセンター 03-3567-9990

*当日お受け取りのご予約・ご郵送でのお求めも受け付けております。

主催:IL VIOLINO MAGICO

第10回マジココンサート 陳建安を迎える 豊嶋泰嗣 川上徹 枝並千花 木嶋真優





陳建安 chien-an chen 陳建安 Chien-an Chen  Cello

台湾の音楽家の家庭に生まれ、チェリスト陳建安は父親・陳運通からチェロの手ほどきをうける。10歳の時に天才少年として中華民国総統蒋介石を迎えてコンサートを開催、台湾全土でテレビ放送される。
14才の時に最年少で桐朋学園大学に入学。 1980年に、米国ジョンホプキンス大学ピーボディ研究所の奨学金を受け留学、オーケストラの首席チェリストに任命される。さらに、ライス大学シェパード音楽学校に入学、コンクールで優勝、米国各地で演奏会を開催する。 1986年にアスペン音楽祭に参加、助教授として南カリフォルニア大学で教鞭を執る。また、米国で最も優秀な若手チェリストの一人に選ばれる。ロストロポーヴィチ、フルニエ、ヤーノシ、シュタルケル、ハレルなど世界的チェロ奏者に師事。
ジョンFケネディメモリアル舞台芸術センター(ワシントンDC)、ビクトリア・コンサートホール(シンガポール)をはじめとする世界的なホールでリサイタルを開催。 1992年、彼は台湾行政院の招待で、ニューヨークの台北文化センターの台北劇場でデビュー。 1995年に台湾国立コンサートホール、台北、台中中興ホール、台南市立文化センターなどの会場で、祖国で初のソロリサイタルを開催。
2000年に台湾に帰国。ソリストと室内楽奏者として活躍中。 台湾国立交通大学音楽研究所教授。 国立嘉義大学音楽科でも教鞭を執る。 2007年上海音楽院チェロ教授に就任。 「自然で驚異的なテクニック」 - 日本・朝日新聞 「詩や絵画のように美しい演奏は、聴衆を魅了し彼の音楽世界に導いた」- シンガポール・南太平洋ジャーナル


豊嶋泰嗣 豊嶋泰嗣 Yasushi Toyoshima  Violin & Viola

桐朋学園で江藤俊哉、アンジェラの両氏に師事。
86年、大学卒業と同時に新日本フィルのコンサートマスターに就任。
その後もサイトウ・キネン・オーケストラ等でコンサートマスターを務めている。

ソリストとしては、ベルリン放響、モスクワ・ソロイスツ、ロンドン・モーツァルト管等、国内外のオーケストラとの共演。  室内楽奏者としては、ハレー・ストリング・クァルテットを結成し、00年までカザルスホールのレジデントクァルテットを務めた。現在アルティ弦楽四重奏団のメンバーとして活躍。
スターン、ヨーヨー・マ、アルゲリッチ、ズッカーマン、マイスキー等との共演を重ねている。 現在、新日本フィルソロ・コンサートマスター、兵庫県立芸術文化センター管コンサートマスター、九州交響楽団桂冠コンサートマスター。

91年村松賞、第1回出光音楽賞、92年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。京都市立芸術大学准教授。1719年製 アントニオ・ストラディバリウスを使用。


川上徹  Toru Kawakami 川上徹 Toru Kawakami  Cello

東京生まれ。桐朋学園を経て米国シンシナティ音楽院とハンガリーリスト音楽院で研鑽を重ねた。
サンタ・バーバラ音楽祭でBest string player prize ラヴィニア音楽祭で全額免除奨学金を得る。

仙台フィルハーモニー管弦楽団 神戸市室内合奏団 新日本フィルハーモニー交響楽団に首席奏者として在籍経験を持つ。
2016年CD Blessing Note をリリースし、宮川彬良氏より絶賛された。

日本室内楽コンクール第二位 宮城県芸術選奨新人賞 第6回ロンドン国際弦楽四重奏コンクールにてメニューヒン特別賞を受賞。巨匠 ザラ ネルソヴァに師事した。


Violinist 枝並 千花 枝並 千花 Chika Edanami  Violin

桐朋学園女子高等学校音楽科を経て、同大学音楽学部卒業。
1998年第52回全日本学生音楽コンクール中学生の部全国第1位。 東儀賞、兎束賞、都築音楽賞受賞。
2003年第24回ミケランジェロ・アバド国際ヴァイオリンコンクール優勝、及びソナタ賞受賞。ミラノにて受賞コンサート出演。同年、大友直人指揮、東京交響楽団と共演。クールシュヴェール音楽アカデミー(フランス)、ビアリッツ音楽アカデミー(フランス)に参加。これまでに奥村和雄、辰巳明子各氏に師事するほか、ザハール・ブロン、ジェラール・プーレ、レジス・パスキエ、ドン・スク・カン、シュロモ・ミンツ、竹澤恭子各氏に指導を受ける。
2006年東京交響楽団へ入団。退団後はソロ、室内楽など幅広い分野で活動するほか、日本フィルハーモニー交響楽団等にゲストコンマスとして招かれる。
2009年CHANEL銀座/シャネル・ネクサス・ホールにおける「Pygmalion Days」のアーティストとして一年間ソロコンサートを行い好評を博す。宮崎国際音楽祭、ラ・フォル・ジュルネに出演。
マ・レコーディングスよりデビューCD「夢のあとに」をリリース。2012年4月に開催されたリサイタルでは、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタをはじめとする意欲的な作品を取り上げ高い評価を得た。
同年6月、ブルーノ・ワルターのヴァイオリンソナタが日本初録音されたセカンド・アルバム「naked」をリリース。7月、名古屋フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団と協演。


木嶋 真優 Mayu Kishima 木嶋 真優 Mayu Kishima  Violin

2000年第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール・ジュニア部門にて日本人として最年少で最高位(1位なし第2位)を受賞し一躍話題となる2011年ケルン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で優勝、あわせてその優れた音楽的解釈に対しDavid Garrett賞も受賞。 2004年6月 モスクワでスピヴァコフ指揮ロシアナショナル・フィルと共演し、地元紙で「巨匠 ロストロポーヴィッチが『世界で最も優れた若手ヴァイオリニスト』と絶賛するにふさわしく、見事なテクニックと成熟した解釈で聴衆を圧倒した。」と評される。 レコーディングは、ウラディーミル・アシュケナージから強い推薦を受け、「アシュケナージ&NHK交響楽団」の“ツィガーヌ”に参加。そのほかソロCDは「シャコンヌ」、「Rise」をリリース。また、2016年5月にワーナー・クラシックスから発売されたアルゲリッチ&フレンズのライヴCDに、2015年のアルゲリッチ・プロジェクト「ルガーノ・フェスティヴァル」での演奏が収録されている。 現在日本とヨーロッパに拠点を置き、アメリカ、アジアにもその活動の場を拡げている。 2012年春にはケルン音楽大学を首席で卒業、2015年秋には同大学院を満場一致の首席で卒業し、ドイツの国家演奏家資格を取得、また2016年秋には神戸市より神戸市文化奨励賞を授与された。 2002年度文化庁海外派遣研修員。 使用楽器は、ストラディバリウス1700年製 Ex Petri( 上野隆司博士より貸与)。2016年第1回上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールにて優勝。


陳建安 chien-an chen 井上典子 Inoue Noriko  Viola

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒。
リヨン国立高等音楽院第3課程を修了の後、ドイツのフライブルク音楽大学でも更なる研鑽を積む。
これまでに店村眞積、タッソ・アダモプロス、ヴォルフラム・クリストの各氏に師事。

2005年にフランス国立管弦楽団に入団、またアルデオ弦楽四重奏団のメンバーを務め、室内楽奏者としてもヨーロッパ各地で演奏会を行う。
2016年に帰国、現在、新日本フィル交響楽団ヴィオラ首席奏者。


陳建安 chien-an chen 三輪郁 Miwa Iku  Piano

桐朋女子高等学校を経てウィーン国立音楽大学及び大学院に学び、満場一致の最優秀で修了。オーストリア政府から表彰された。
その後はイタリアのフィナーレ・リグレにおける“パルマ・ドーロ”国際コンクールにおいて審査員全員一致で第一位に選ばれたほか、ドイツ・ドルトムント国際シューベルトコンクールや浜松国際ピアノコンクールなどでも入賞。
これを契機にウィーンを拠点とした演奏活動を本格化。東京においては2003年から06年まで、ウィーン時代のモーツァルトに焦点をあてたコンサートシリーズ『4254日の奇蹟~ウィーンのモーツァルト』を企画開催し、大きな注目を集めた。

録音は『バルトーク:ピアノ作品集』『シューベルト作品集』『モーツァルティアーナ』などをリリース。それぞれ『レ コード芸術』誌『特選盤』『準特選盤』に選ばれるなど好評を博している。


第10回マジココンサート 陳建安を迎える 豊嶋泰嗣 川上徹 枝並千花 木嶋真優

音楽で世界を一つに、平和な地球を


主催:IL VIOLINO MAGICO

バイオリン チェロ ビオラ 販売 MAGICO